たんぽぽ茶で内側から体質改善~健康カラダづくり~

お茶

期待される様々な効能

婦人

ノンカフェイン飲料

冷え性緩和や便秘解消、むくみの軽減など様々な効能が期待される飲み物が「たんぽぽ茶」です。たんぽぽ茶はノンカフェインのお茶ですので、妊娠・授乳中でも安心して飲むことが出来ます。たんぽぽ茶は、植物のたんぽぽから抽出されたエキスを使って作られていますが、お茶タイプとコーヒータイプの2つのタイプに分けることが出来ます。一般的にお茶タイプはたんぽぽの根や茎、葉などを使用していますが、コーヒータイプは根のみを使用していることが多いようです。しかし、2つのタイプの違いは明確にはされておらず、製品により異なります。カフェインの含まれているお茶やコーヒーを飲むことが出来ない時期にコーヒーを飲みたいという人に特に人気があります。

たんぽぽ茶の飲み方はたんぽぽ茶の形状にもよりますが、ティーバッグタイプの場合には、まず大きめのカップを用意し、底にティーバッグを入れ、沸騰したお湯を注ぎます。この時、お湯の温度が高ければ高いほどたんぽぽの成分を抽出しやすくなりますので、沸騰したてのお湯を注ぐようにしましょう。たんぽぽ茶の製造段階で高温にさらされているため、熱湯を注いだからといって、成分が変化するということはありません。お湯を注いだら、そのまま数分待ちます。短時間で引き上げてしまうと、たんぽぽの成分が十分ではない可能性がありますので、最低でも2〜3分程度はお湯に浸しておくようにしましょう。ティーバッグを取り出す際には、ティーバッグを振り出しながら出すようにします。それにより、成分をより抽出することが出来ますし、好みに応じて濃さを調整することも出来ます。1日に1〜2杯程度飲むようにしましょう。

妊婦に人気のお茶

笑顔の女性

特に妊娠中・授乳中の人に人気の飲み物が「たんぽぽ茶」です。古くから漢方薬として使用されていたたんぽぽの有効成分を摂取するためには、お茶の選び方と淹れ方が大切になります。一度にたくさん飲むのではなく、少しずつ継続して飲むようにしましょう。

詳細を確認する

生活に取り入れたい健康茶

woman

ムクミ解消やホルモンバランスの調整、利尿作用など様々な効果を期待することが出来るたんぽぽ茶ですが、淹れ方を工夫することでその効果・効能を余すこと無く得ることが出来ます。日本だけではなく、世界中で人気があります。

詳細を確認する

積極的に利用しよう

お腹

たんぽぽ茶とたんぽぽコーヒーの違いは、使われているたんぽぽの場所と飲み方にあります。また、味も異なるため、自身に合った物を選ぶようにしましょう。たんぽぽ茶を選ぶ際には、続けやすい物を選ぶということが大切になります。

詳細を確認する

Copyright© 2016 たんぽぽ茶で内側から体質改善~健康カラダづくり~ All Rights Reserved.